オンラインカジノAir
2018年12月25日

ライブ様式でも遊べる高配当のゲーム

オンラインカジノのライブゲームとは

オンラインカジノのライブゲームとは

オンラインカジノの紹介を見ていると、「ライブゲーム」という言葉を聞くことも多いです。
オンラインで楽しめるカジノはどこでも楽しめて便利な反面、オンライン上なので臨終感に欠けるのではないかと思われがちです。

しかし、そんな不安も、ライブゲームなら問題はありません。
オンラインカジノのライブゲームはどういったものなのかというと、本物のディーラーとライブ中継でカジノゲームが出来るというものです。
臨場感は満点ですし、機械相手だと何か物足りなさを感じてしまうという方にはとてもおすすめのゲームなのです。

ライブゲームの概要について

ライブゲームとは、海外のディーラーの状況をそのままカメラで映し出し、生身の人間とゲームが中継で楽しめるものです。
センターはフィリピンなどにあります。

ライブゲームの種類ですが特定のゲームのみがライブで楽しめるというものではなく、ルーレットやバカラ、そしてブラックジャックなどといったそれぞれゲームがあります。
いくつものテーブルがオープンしているので、テーブルを選んでプレイをする事が出来ます。
賭けることができる金額はカジノで異なるのですが、1ドルから賭けることも可能ですし、プレイヤーが任意で設定することが可能となっています。

ライブゲームのあるオンラインカジノについて

ライブゲームを提供しているオンラインカジノに関して言えば、全てのカジノがライブゲームを提供しているというわけではなく、いくつかのオンラインカジノがあります。
中でも日本語対応のオンラインカジノを選ぶようにしましょう。
そして、プレイテック社など、大手の企業が開発したゲームを採用しているオンラインカジノがおすすめです。

その他にも、ボーナスやデザイン、そして相性、そういったものを参考に選ぶ事がおすすめです。

遊ぶことが出来るそれぞれのゲームの特徴

オンラインカジノで遊べるライブゲームにはさまざまなゲームがありますが、それぞれ違いがあります。
たとえば、ルーレットならリアルタイムでディーラーとやりとりを行う事が出来ますし、バカラなら、絞りと言って、配られたカードをじわじわと確認することが出来るのが特徴です。
また、ブラックジャックでは他のプレイヤーのプレイを見ることが出来るなど、一体感が味わえます。

このように、ライブカジノは、ゲーム別での楽しみ方がありますので、さまざまなゲームでプレイを試してみることをおすすめします。

ブラックジャックについて

ブラックジャックについて

オンラインカジノのブラックジャックですが、オンラインカジノに存在するゲームがある中でも技術やスキルの入り込む余地があり、戦略的に勝つことが出来るゲームとなっています。
テーブルゲームの一つで、トランプを使ったカードゲームなのですが、頭脳戦である面もありますので、攻略をしたいプレイヤーに人気です。

実際のランドカジノでも最も人気が高いゲームで、プロフェッショナルプレイヤーがブラックジャックで遊ぶことが多いです。
多くの金額が動きやすいゲームで、エキサイティングでスリリングなゲームが楽しめます。

ペイアウト率が高いブラックジャック

ブラックジャックのゲームの魅力として、ペイアウト率が非常に高いというメリットがあります。
オンラインカジノのゲームは全てがそれなりにペイアウト率が高く設定されていますが、中でもブラックジャックはペイアウト率が高く、ハウスエッジが1%台となっています。
このため、勝ち負けの目標を設定しやすいということもありますし、安定して手堅く勝ちやすくなっています。
ルールを把握しておき、戦略を練ることで、安定して稼ぐことも可能ですし、そういった面で運次第の他のゲームとは違っているのが特徴です。

ブラックジャックの基本のルールとは?

ブラックジャックの基本のルールですが、21を超えずに、21に近い数字を出すことを競い合うというルールになっています。
ディーラーとプレイヤーが戦うという形式で競い合うのですが、21を超えてしまえばバーストといって自動的に負けが決定してしまいます。
21にぴったりになればブラックジャックで、賞金が貰えます。

オンラインカジノのブラックジャックの数字の数え方

トランプのカードの数字の数え方をある程度知っておくことがまずは必要です。
まずは1は1もしくは11となります。そして、2~9まではそのままの数え方となり、10から絵柄のカードは全てテンカードといって、10になります。
こういった数字から、ブラックジャックでは10が非常に出やすくなっています。

戦略を駆使してカードを引くかを決める

戦略を駆使してカードを引くかを決める

ブラックジャックでは最初に2枚のカードがそれぞれプレイヤーとディーラーに配られることになります。
ディーラーは身動きが出来ませんが、3枚目のカードを引くかどうかはプレイヤーは自由に決めることが出来ます。
そのカードを引くかどうかは、ディーラーのカードの1枚が見ることが出来るので、その時点で判断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。