オンラインカジノAir
2018年6月20日

優良なカジノの証

オンラインカジノについて

オンラインカジノは、海外の華やかでゴージャスなカジノの世界をそのままそっくり再現した、オンライン上のカジノです。
ネットカジノとも呼ばれ、インターネット回線があれば、パソコン、手持ちのスマートフォン、タブレット端末で自由自在に楽しむ事が出来ます。
多くの人が、これらのオンラインカジノで遊んでいて、世界中には、約8千万人以上のプレイヤーがいます。また、ヨーロッパでは既にメジャーな存在であり、ビックタイトルとのコラボゲームなども続々と登場していて、テレビのコマーシャルでも流れています。

オンラインカジノでは、チップを購入して、自由に賭け事が楽しめますし、勝てば勝ち金を得ることが出来ます。
よって、非常にスリリングですし、ギャンブルを本格的に楽しみたいのならば、とてもおすすめとなっています。
オンラインカジノの多くは、安全なサイトで、信頼性も確立されています。一流企業が運営しているケースがほとんどで、株式市場上場企業が、オンラインカジノの運営業者として、参入をしています。

今やオンラインカジノは、一大エンターテイメント事業の一つであり、多くのソフトウェア会社も参入し、どんどん広がっています。
日本でもカジノ法案が出来上がり、今後正式にカジノが解禁される中で、オンラインカジノの人気もさらに伸びていくのではないかと予測されています。

オンラインカジノの運営はライセンスが必要

オンラインカジノを運営するためには、国から許可された上で運営しなければならず、ライセンスが正式に発行されています。
ライセンスが発行されるまでは、厳しい審査をクリアしなければならず、また高額なライセンス料が必要です。長い月日をかけて、厳正な審査をクリアした運営業者だけが、オンラインカジノを晴れて運営することが出来るのです。
世界には、千、数千と多くのカジノが存在していますが、ライセンスを保有していないオンラインカジノももちろんありますので、選ぶ際には十分に気を付ける必要があります。
ライセンスを保有しているということは、オンラインカジノを選ぶ上で、最低条件の一つです。絶対に安全であるとはいえないものの、一つの安全な基準の一つとして知っておくようにしましょう。

ライセンスの基準とは?

このように、オンラインカジノはライセンスを正式に発行された上で運営されています。
ライセンスを取得するための厳しい審査の基準についてですが、運営する上で十分な資金力があるということと、経営能力、また公平さが確保されている仕組みであるかどうか、そして法令遵守に努めているか、マネーロンダリングなどの犯罪を絶つ仕組みであるかどうかなどが基準となっています。
これだけの厳しい審査をクリアした後も、ライセンス料を支払う必要がありますし、ゲーミング税といって、収益の一部から税金を納税する必要があります。

また、ライセンスを取得した後にも、これで終わりというわけではなく、運営体制などのチェックが抜き打ちで行われ、継続して公平性が保たれているのか監査が入ります。
これらの監査は、全て外部の監査機関によって行われ、身内が適当に行うものではありません。
オンラインカジノのライセンスを取得するのはもちろんですが、その後の維持をするためにも、莫大なコストと手間がかかっているので、運営業者側も不正をするリスクを侵すことはしません。
すなわちオンラインカジノで、ライセンスを所持し、外部の監査機関で監査を受けている運営業者であれば、高い確率で安全に遊べるといえます。

オンラインカジノの還元率について

オンラインカジノのその魅力ですが、高い還元率が一つの魅力です。
ペイアウト率、還元率というのは、ユーザーにどれだけ賞金が還元されているかと率のことで、胴元の取り分を除きます。

競馬やパチンコ・パチスロなど、日本国内にはたくさんのギャンブルがあります。
しかし、圧倒的にオンラインカジノの還元率が分があるといえます。還元率の観点からいうとオンラインカジノに勝るギャンブルはなく、それだけ勝ちやすいとも考えられています。

オンラインカジノのペイアウト率は、約95%とされていて、この数字は多少前後するものの、ほぼ事実です。

しかし、ギャンブルはギャンブルですし、オンラインカジノの運営業者は、ボランティアでカジノ運営をしているわけではありません。
また、どれだけハウスエッジが低くても、オンラインカジノは胴元側が儲かる仕組みになっている訳であり、これを覆すことは出来ません。よって、プレイヤーが長くプレイをし続けていると最終的には損をしてしまう仕組みになっています。
オンラインカジノは勝ちやすいといわれ続けていますが、あくまでもギャンブルですので、長い目で見ると必ず負けてしまうということを頭に入れておく必要があります。過度に妄信しすぎることは避けておくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。